monoblog

東京で働く会社員のブログ

中国のMi bandを購入しました。コスパ良しの健康測定器です

f:id:monopatch:20180403123837j:image

 

以前から気になっていた中国製の健康バンド「Mi band」がついに技適を取得して晴れて正式に日本で発売されることになったので購入してみました

 

 

 

 

 

f:id:monopatch:20180403123846j:image

コンパクトな箱に包まれて届きました。

 

f:id:monopatch:20180403123852j:image

デザインも凝っています

 

 

f:id:monopatch:20180403123856j:image

開封後の様子

 

f:id:monopatch:20180403123902j:image

初期状態ではバッテリー切れだったので充電します

 

f:id:monopatch:20180403123903p:image

アプリでbluetooth連携をすれば測定開始です。

 

今の所

  • 歩数系
  • 消費カロリー
  • 睡眠の質分析
  • 目覚まし時計
  • 着信時のバイブ
  • Twitter, LINE通知
  • 時計

などの機能を確認していますが、これらの機能だけでも充分です。

個人的に一番欲しかった睡眠分析の機能がついていてかつ、4000円以下という価格に惚れて購入しましたが、今の所満足して使っています。

 

通知機能に関してはAmazonのレビューでも高い評価を得ています。

 

iPhoneでMi Band2をほぼ2年間使用して睡眠計測のため寝るときも使用しているので体の一部と化している。
とにかく、素晴らしい!
歩数、脈拍、睡眠計測、通知機能に関しては、特に素晴らしい。
特に通知機能は、LINE、Twitter、Wechat、SMS、電話、Eメール、SKYPE、カレンダー、アラーム、などが可能。
アプリの登録はできないが、すでにサポートされているアプリについては通知機能が選択できる。
但し、LINEとWechatの通知機能を同時に使うためには、設定する際に一工夫必要。
iPhoneの設定で言語と地域を確認してください。
日本語の次に英語となっていれば、Lineが選択可能。日本語の次に簡体中文となっていれば、Wechatが選択可能。
もし、簡体中文がなければ、キーボードの追加で簡体字中国語を選択してください。言語と地域で簡体中文が選択できるようになります。
上記英語画面でLINEの通知オンにしておけば、中文画面になってもLINEの設定が引き継がれます。
また、Mi Band2は、空港の保安検査の際、外す必要がありません。中国のきつめの金属探知機を通過しても反応しません。頻繁に航空機に乗る人にとって、外す必要が無いのは便利かもしれません。