monoblog

東京で働く会社員のブログ

Kyash(キャッシュ)のリアルカードを発行しました。Visa加盟店で使える他、2%のキャッシュバックも提供されており最強のクレカの可能性あり。

ウォレットアプリを展開するKyashがついにリアルカード(≒クレジットカード)の発行サービスを開始しました。

 

campaign-i.kyash.co

 

カズレーザーさんが真っ青になっているのもインパクトありの、印象に残るキャンペーンページだと思います。

 

 

今まではオンライン上で発行されるバーチャルカードを例えばAmazonといったECの支払い手段として登録して利用するのが使い道でしたが、このリアルカードを使うことによって

  • Visaの使えるお店であればどこでも利用可能

になります。これが1つ目のメリットです。

 

Kyashは前払式支払手段というライセンスしか持っていないので銀行口座への出金が出来ず、溜まったKyash残高の使い道も限られていましたがリアルカードの登場によって使い道が広がり、結果として(Visa加盟店で使えるから)口座への出金が出来なくてもいいかなという状態になっています。

 

参考(前払式支払い手段発行者登録一覧): https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/daisan.pdf

 

 

2%のキャッシュバックはでかい

以前はLINEが、LINE Payカードの利用に対して無条件で2%のキャッシュバック(LINEポイント)を付与していましたが、最近改悪したのは記憶に新しいですね。

 

official-blog.line.me

 

matsunosuke.jp

 

今回、Kyashはバーチャールカードおよびリアルカードでの決済は無条件で2%(Kyash残高で、次回の決済に利用可能)を付与するようになったので、これを使わない手はないでしょう。

 

support.kyash.co

 

また、モバイルSuicaへのチャージでも6000円以上であればキャッシュバックの対応なので今後はKyashでチャージするのが吉です。

 

さらに、Kyashは決済時にKyash残高が不足している場合は不足分をクレジットからチャージ(決済)して支払いができるので、

  • クレカのポイント/マイル
  • Kyashのキャッシュバック

の2つを享受することが出来ます。例としてモバイルSuicaへのチャージを想定すると

 

  1. クレカからKyash残高に6000円チャージ(クレカのポイントが付与(割合はカード会社に依存))
  2. KyashからモバイルSuicaに6000円チャージ(2%(120円)のキャッシュバックが適用されKyash残高に追加される)

というようにポイントの2重取りが可能となります。

 

Origami Payや楽天Payに紐づけることでさらにメリットも

例えばOrigami Payでの支払いで2%OFFなどのキャンペーンをやっています。

このインセンティブを利用することで

 

  1. クレカからKyash残高に10,000円チャージ(クレカのポイントが付与(割合はカード会社に依存))
  2. Kyashカード(バーチャル/リアル)を紐づけたOrigamiアプリで、10,000円の買い物をする(Origamiで2%OFFなので9,800円の買い物となり、9,800円の2%(196円)がKyash残高に追加される)

という一度で3つのインセンティブを享受することが出来ます。

 

また、楽天Payでも初回決済で10%OFFなどのキャンペーンが適用されると同様のメリットを享受できます。

 

登録方法

下記に詳しく記載されています

guide.kyash.co

 

注意点として、リアルカードを発行すると今まで使っていたバーチャルカードが無効になるので既に何らかのサービスの支払い手段にバーチャルカードを紐づけている場合は再度リアルカードの紐づけが必要になります。

f:id:monopatch:20180609231359j:plain

 

 

最後に

便利な時代になってきました

  

Kyash - ウォレットアプリ

Kyash - ウォレットアプリ

  • Kyash
  • ショッピング
  • 無料

 

 追記

中の人であろう方が、Twitterでバーチャルカードは無効にならないとの旨をツイートしていました。