楽天カードが改悪!利用獲得ポイント対象から交通系電子マネーの利用やモバイルSuicaの利用が除外される

Rakuten Cafe

 

一消費者としては改悪でしかない内容となっていまいました。

今日楽天からメールが届き、そこには楽天カード利用から一部の利用に関してポイント付与対象外になるとの旨が記載されていました。

 

ポイント付与対象外となる利用項目は

  • nanacoクレジットチャージ
  • モバイルSuica(※2)
  • モバイルSuica年会費
  • モバイルSuica(Apple)(※3)
  • スマートICOCA(※4)

 

となっております。注意書きについてはメールに記載してある文章の引用ですが

 

※1 2017年10月31日(火)以前のご利用分でも2017年11月5日(日)時点で楽天カードに売上情報が届いてないものはポイント進呈対象外になります。
※2 モバイルSuicaご利用分には、電子マネーへのチャージのほか、モバイルSuicaで購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれます。
※3 モバイルSuica(Apple)ご利用分には、モバイルSuicaからApple Payでチャージする電子マネーのほか、モバイルSuica(Apple)で購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれます。
※4 電子マネーへのチャージのほか、ICOCA発行再発行等も含まれます。

 

との事です。

 

モバイルSuicaの利用でもポイントが付与されなくなるのは辛いですね。

あとは電子マネーでのチャージ関連でも付与対象外となってしまいました。

 

 

楽天カードを使うにはやはり楽天Edyを使うのがベター?

もちろんEdyは楽天の電子マネーなのでポイント還元率も高いですので楽天ユーザーとしてはEdyを使っていくのが賢い選択肢ですが、いかんせん使える店も少なければ交通系電子マネーではないので不便さが際立ちます。

 

nanacoクレジットチャージも対象外に

そもそも電子マネーをその都度チャージする形式においてクレジットチャージが使えてかつポイントの二重取りも可能なnanacoにはメリットがありましたが、楽天カードにおいては二重取りが不可能となりました。

 

 

クレジットカードによるポイントの二重取り三重取りといった手法は企業側にとては負担である事に間違いはないので今後ますます少なくなっていきそうですね。

 

こちらの楽天関係の記事もおすすめです!

monopatch.hatenablog.com

 

monopatch.hatenablog.com

 

monopatch.hatenablog.com