これさえ見ておけば引越しは難なく出来る項目まとめ

Moving

 

最近引っ越しをして改めて思ったのですが、引越しって思ったより大変ですね、、 というわけで備忘録的な感じで引越すときにやらないといけないといけない事をまとめてみました。  

 

引越し先を決める

大きく分けて

  • 最初から不動産で探す
  • ネットでいい感じの物件があったら電話して下見の予約

の2択かと思います。今回の引越しにあたり6件不動産屋の人と接触したのですが、は当たり外れが激しいです。

ひどい人のパターンとしては2時間以上消費させたり紹介する物件がひどかったりなどです。 なので、基本的にはネットで調べて良い物件があったら記載されている不動産に問い合わせて内覧の予約をするのが良いかと思います。

ネットで調べる場合、特に東京は物件の入れ替わりが激しいので「あ、いいな」と思った物件が次の日には契約されていたなんて事がザラにあります。 僕の場合は平日に探して土日に内覧の予定を入れていたら内覧当日には先約が決まってしまっていた....という事が何回もあったので、本当に気に入った物件なら即電話して有給取ってでも平日に内覧してしまったほうが良いです。

また運がいいと物件掲載のタイミングではまだ住居中で、例えば2週間後に住民が退去してその後すぐに部屋を見れる...なんて事もあります。(今回引っ越した物件はそんな物件でした。) 大事な事をまとめると

  • 住居中で近日退去予定の物件は、内覧の予約が余裕を持って出来る
  • 物件探しは基本ネットがベター(最初から不動産に突撃すると高確率で時間の無駄)
  • 焦らずのんびり探す(一気に見ようとすると物件疲れが発生)
  • 良い物件があったらその日に行動

ぐらいですかね。ネットのサービスはスーモ、homes、at homeあたりをみればほぼ網羅できます。  

 

不動産・賃貸・住宅情報(マンション・一戸建て)ならHOME'S【ホームズ】不動産・賃貸・住宅情報(マンション・一戸建て)ならHOME'S【ホームズ】

 

不動産のことなら【アットホーム】物件探しから住宅情報まで!不動産のことなら【アットホーム】物件探しから住宅情報まで!

 

【SUUMO】不動産売買・住宅購入・賃貸情報ならリクルートの不動産ポータルサイト【SUUMO】不動産売買・住宅購入・賃貸情報ならリクルートの不動産ポータルサイト

 

引越し業者を決める

引越し業者ですが、基本的に大手は高いです。ふざけんなってぐらい高い見積もりだしてきます。そこから安くしてもらっても尚、高いという。 対応が丁寧過ぎたり、見積もりで粗品くれたりするのはどうでもいいから、値段を安くして欲しいものです。

紆余曲折して結局、キング引越しセンターというところに見積もってもらったら余裕で予算内に収めてくれたので今度引っ越す時もキングさんに見積もってもらいます。

 

キング引越センター | 引越業界No.1クラスの安さと安心!キング引越センター | 引越業界No.1クラスの安さと安心!

 

郵便物の転送手続きを行う

転送手続きは新住所が決まったらなる早でやっておいたほうがいいです。 最近はネットからも申請ができるので便利です。

 

あたらしい町にも、しっかり届く安心。e転居 - 郵便局あたらしい町にも、しっかり届く安心。e転居 - 郵便局

 

電気・ガス・水道に連絡

毎月家に届く公共料金の明細書にお客様番号と、引越しの際の連絡先が明記されているのでこちらに連絡して質問に答えていくだけで終わります。これは引越し1週間前をめどにすればおkです。  

 

転出届を申請

引越しにより住む市町村が変わるときは役所に行って転出届けを申請する必要があります。(引越し日の14日以内に) 変わらない場合も住所が変わるので申請が必要だとは思います。ちなみに個人番号カードは転入届けのときに申請すればカードに新住所を印字してくれるので問題なしです。   住所変更をしなければいけないサービスをまとめておく これはすぐにパッと思いだせるものではないので時間をかけてまとめておけば大丈夫です。例えば

  • クレジットカード
  • 国民年金
  • 各種銀行
  • ゆうちょ

などに登録している住所を変更しておかないと郵便物が旧住所に届く事になり、転送届けをしていたとしても通常より届くのに時間がかかったり転送の有効期限が1年だったりと不便な面があるのでやっておきましょう  

 

転入届け

新住所が属する市町村の役所に行って申請すれば終わりです。  

 

免許証の住所は警察署で

転入届けを出したあとに住民票を発行して警察署で申請すれば免許証に新住所を印字してくれます。免許証は何かと提示する機会が多いのでやっておくと便利です。  

 

最後に

引越しには準備が必須なので時間をかけて確実にやっておく事で後々困る事なく快適な新生活を迎える事が出来ると思います。