個人間送金アプリの「Kyash(キャッシュ)」をOrigami Payや楽天Payに紐付けると対応店舗で支払いも出来るので便利かもしれない。

f:id:monopatch:20170411221554p:plain

最近出たサービスについて。

 

kyash.co

 

Kyash(キャッシュ)は、個人間での送金が出来、もらったお金をそのまま使えるアプリです。

例えばですが

  • ランチ代や飲み代を一時的に立て替えて、後で請求する
  • 貯まった残高を用いて他人に支払ったりオンラインショッピングで利用する

みたいな事がアプリ上で完結します。

同じ機能が提供されているアプリとしては「paymo」や「LINE Pay」があります。

 

 

 

 

 

Kyashを通じてもらったお金は銀行口座への引き落としが出来ない

これが一番のネックでしょう。paymoは手数料がかかりますが銀行口座への引き落としが出来ます。

対してKyashは「Kyash残高」というものに加算された残金は口座に引き落としができません。

 

情報を整理するとこのようになります。

LINE Pay:本人確認&銀行口座が必要
Paymo : 本人確認不要、送金時にレシートが必要
Kyash : 本人確認不要、銀行口座登録不要、レシート不要。しかし出金不可

 

しかしバーチャルなクレジットカードに残高が紐づけられプリペイドカードとしてオンライン決済などに利用する事ができます。

 

とはいえバーチャルなので実際の店舗でのクレカ支払いとして利用することはできないのですが、「Origami Pay(オリガミペイ)」や「楽天Pay(ラクテンペイ)」に紐付けることでOrigami Payや楽天Payに対応している店舗においては決済が出来ます。

 

 

 

 

f:id:monopatch:20170411220423p:plain

楽天PayにKyashのバーチャルカード(VISA)を紐づけた瞬間にpush通知が届きました。Origami Payも同様です。

 

f:id:monopatch:20170411220428p:plain

決済を行うとこちらも即、push通知がきました。

 

 

 

お金を貰ってから消費するまでの流れが全て銀行を通すことなく完結したことに対して、お金の流れが変わってきているなと思います。

 

今後、Kyashは非接触型電子マネー決済にも対応していくとの事でますます利便性が出てきそうです。

 

jp.techcrunch.com

 

 

広告を非表示にする