instagramがビジネスとインフルエンサーを繋げる仕組み「ブランドコンテンツ」の仕組みを提供しています。

Collage of Digital (Social) Networks

 

今日、私自身が運営しているinstagramのビジネスアカウントのページにアプリ上からアクセスすると「ブランドコンテンツのタグ付け」という案内が表示されていました。

 

ブランドコンテンツとは?

平たく言うと「PRの投稿に関して、ビジネスと発信者(クリエーター)を繋げてPRであることの明文化を推進すると共にパフォーマンスを可視化する仕組み」です。

 

それを実現する仕組みとしては、クリエータがPR投稿をする際に、そのPRを依頼しているビジネスのアカウントをタグ付けすることによって実現されます。

 

なお、タグ付けにはビジネスサイドがタグを承認制にしていた場合、あらかじめ承認をとって置く必要があります。

(その設定はビジネスアカウントのみができる設定です。)

 

instagram上でブランドコンテンツに関する案内があったので紹介ページをスクリーンショットで残してみました。

f:id:monopatch:20170919204413p:plain

 

f:id:monopatch:20170919204419p:plain

 

f:id:monopatch:20170919204426p:plain

 

f:id:monopatch:20170919204432p:plain

 

f:id:monopatch:20170919204438p:plain

 

この仕組みの導入は強制ではなく任意なので、ビジネス側がPRを依頼する際にタグ付けをクリエータにお願いする形で成り立ちそうだなと予想しています。

またビジネス側としては、効果測定は重要なのでタグ付けをしないと報酬を渡さないといったスタイルも全然ありえそうです。

 

とはいえビジネス側とクリエータが直で契約をするパターンの場合はクリエータのフォロワーが数百万人規模の場合がほとんどであると容易に想像でき(じゃないと探す手間がかかりすぎる)、数万フォロワーのマイクロインフルエンサーや数千フォロワーのナノインフルエンサーの場合だと下記のような第三者が提供しているPRのプラットフォームを介してPRを行なっている事の方が多いという状態であろうと考えています。

 

influencerone.jp

 

もし上記の仮説の通りだとして、ビジネスとクリエータを繋げる代理店のような役割を持っている立場としては、今回の「ブランドコンテンツ」をどのように使っていくのか、または使わないのかは気になる所です。

 

help.instagram.com