【まとめ】オンライン質屋アプリのCASH(キャッシュ)の恐ろしさと可能性について

f:id:monopatch:20170628202630p:plain

 

今日リリースされて話題を読んでいるCASHというアプリについて。

 

cash.jp

 

アプリの概要

自分の持っているアイテムを撮影してカテゴリを選択するだけで査定が完了し、気に入ればアプリ内でキャッシュ化 -> 口座振り込みで日本円に現金化することができます。

キャッシュ化したのち、2カ月以内にキャッシュを返却する場合は査定額に査定額の15%(手数料)を上乗せした額を返却する必要があります。

返却しない場合はヤマト運輸が荷物を受領しにくるので商品を渡します。

 

 

いやー、凄い発想のサービスだと思います。まさに現代の質屋といったところでしょうか。

 

一方で

こういった金の絡むサービスはヤフオクやメルカリ同様、不正利用の温床になる可能性も十分あります。

 

例えばネットから拾ったとある商品(Aとする)の画像を撮影して査定し、査定額がメルカリやフリルなどのアプリで販売されている額よりも高ければAを購入して売ってしまうなどの無在庫転売などができそうです。

 

また、このサービスにはSMS認証が必須となっていますが、発行したアカウントを売りつける人が現れるかもしれません。

 

課題は色々とありそうですが、今までにないサービスなので面白そうなのは間違いなさそうです。(作った人も社会実験だと言ってましたし)

 

 

ちなみに下記の様な状況も記事となっており、まだまだサービスとしてはブラッシュアップの必要がありますが「done is better than perfect」を体現したような感じでもありますねw

internetcom.jp

 

 

インタビューやその他まとめ記事のリンクも貼っておきます。

www.fashionsnap.com

 

thebridge.jp

 

togetter.com