コンタクトを買うなら台湾で買うのが断然おすすめな件

1 Day Acuvue Moist

こんにちは。@monopatchです。

 

利用者にとっては日常の必需品となるコンタクトレンズですが、どうも日本で販売されているコンタクトは高い様です。

 

基本的に日本ではコンタクトを使用したい時は眼科で処方を受け、コンタクトをつける練習をした後にコンタクトレンズの販売店で購入という流れになるかと思います。

 

しかし台湾では眼科に行く必要もなく、販売店においてその場で視力検査を行って合う度数を教えてくれます。しかも無料です。

 

この時点でも台湾の方が手間もかからず安いのですが、肝心のレンズの価格自体にも大きな開きがあります。

 

どのくらい価格差があるのか

まずはAmazonでの価格から。

 

 価格は執筆時点で2345円となります。

 

これに対して台湾ではコストコの場合、6枚×2(=2箱)で899元となります。

f:id:monopatch:20170820141336j:image

 

概算でレートを1元=3円として計算した場合、約2700円となり、日本で購入した場合にかかる費用4690円に対して2000円もの開きが出る計算となります。。

 

f:id:monopatch:20170820141623j:image

この価格差には正直驚きの一言に尽きます。

コンタクト利用者で台湾に用事がある人はそのついでにコンタクトレンズを買って帰るべきでしょう。

 

ちなみに日本でコンタクトを個人が販売するのは薬事法に低触する恐れがあると共に、メルカリなどのCtoCサービスでも禁止されているのであくまで個人利用や知り合いに直接頼まれた場合に限るという事を記載しておきます。