読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エバー航空(EVA Air)の公式サイトから航空券を購入。代理店経由での購入との違いについて

Hello Kitty Airplane

 

初めて海外航空会社の公式サイトから国際線の航空券を購入しました。

少し勝手が違うなと感じる部分もあったのでまとめてみたいと思います。

 

エバー航空の公式サイトは下記リンクから。

Homepage - エバー航空 | 日本

 

入力情報にパスポートがない

代理店経由での購入だと、名前だけに留まらず

  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • パスポート番号
  • 支払い情報

などの情報をまるっと入力する必要があります。

 

しかし、エバー航空に関しては執筆時点

  • 名前
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 支払い情報

の4つです。パスポート番号が入力項目にない事から「あれ、入力しなくて大丈夫なの!?!?」と不安を覚えました。

 

結論からいうとこれで問題なく、Webチェックインもしくは現地でのチェックインの際にパスポート番号を入力します。

 

Webチェックインは出発の24時間前から行う事ができます。

 

支払いはクレジットカード又はPayPal

PayPalを使えるのはありがたいです。いたずらにクレジットカード情報を入力する必要がなくなるので。

 

座席指定は購入後すぐに可能

購入後に指定したメールアドレスに届く予約番号と名前を入力すれば、旅程の管理画面へアクセスが可能となり、そこで座席の指定を行う事ができます。

 

booking.evaair.com

 

Infinity MileageLands

スターアライアンスが提供するInfinity MileageLandsに入会するとマイルがたまります。

 

Infinity MileageLands/スター アライアンス - エバー航空 | 日本

 

もしくはANAのマイルに積算する事も可能みたいです。

www.ana.co.jp

 

 

まとめ

なんでもそうですが初めてやる事は慣れてないので慎重になりますね。

ちなみに、UIが全くイケてないエバー航空のアプリもありますので興味のある方は見てみてください。

 

EVA Mobile

EVA Mobile

  • EVA Airways Corp. 長榮航空
  • 旅行
  • 無料

 

店舗で売り切れ続出のNintendo Switchをフリマアプリ(フリル)で購入してみた

任天堂が3月3日に発売した新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドー スイッチ)」。

私は都内在住ですが、人気のあまり店舗では売り切れ状態でいつ再販となるかのもわからない状態です。

またAmazon楽天などのマーケットプレイスではその人気ぶりからプレミア価格となっており、定価より6000円~10000円ほど高い価格にて販売されています。

 

Amazon

 

楽天

 

しかし、そんなプレミア物のゲーム機でもフリマアプリからだと割安で手に入ったりします。

今回は私はフリルというフリマアプリを通じてNintendo Switchを購入しました。

 

フリル(FRIL) - 満足度No.1 のフリマアプリ
フリル(FRIL) - 満足度No.1 のフリマアプリ
開発元:Fablic, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 フリマアプリといえばメルカリを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、メルカリでは販売手数料というものが存在し、出品者が商品を販売して購入されると、購入金額の10%を手数料として徴収されてしまいます。

例えば、35000円の物を販売すると3500円を手数料として持って行かれて差額31500円が売り上げになるのです。これは結構大きいですね。

その点、上記に挙げたフリルというアプリですとこの手数料が0%なので結果としてフリルの方が価格が安い傾向にあります。

 

今回購入したのは

の3点セットです。価格は41980円でした。

通常の価格ですと

となり、合計で40434円なので購入金額は定価より1546円ほどの割増で購入する事が出来ました。

いつ再販されるのかも分からない店舗を転々として探し回る労力を1546円で購入したと思えば全然安いと思っています。

 

フリルでの販売状況

この記事を書いている時点における検索結果のスクショを貼っておきます。

f:id:monopatch:20170507141810p:plain

 

フリルだと新品でも結構安く手に入るのでNintendo Switchの購入を希望している人はぜひ利用してみると良いと思います。

 

フリル(FRIL) - 満足度No.1 のフリマアプリ
フリル(FRIL) - 満足度No.1 のフリマアプリ
開発元:Fablic, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

個人間送金アプリの「Kyash(キャッシュ)」をOrigami Payや楽天Payに紐付けると対応店舗で支払いも出来るので便利かもしれない。

f:id:monopatch:20170411221554p:plain

最近出たサービスについて。

 

kyash.co

 

Kyash(キャッシュ)は、個人間での送金が出来、もらったお金をそのまま使えるアプリです。

例えばですが

  • ランチ代や飲み代を一時的に立て替えて、後で請求する
  • 貯まった残高を用いて他人に支払ったりオンラインショッピングで利用する

みたいな事がアプリ上で完結します。

同じ機能が提供されているアプリとしては「paymo」や「LINE Pay」があります。

 

 

 

 

 

Kyashを通じてもらったお金は銀行口座への引き落としが出来ない

これが一番のネックでしょう。paymoは手数料がかかりますが銀行口座への引き落としが出来ます。

対してKyashは「Kyash残高」というものに加算された残金は口座に引き落としができません。

 

情報を整理するとこのようになります。

LINE Pay:本人確認&銀行口座が必要
Paymo : 本人確認不要、送金時にレシートが必要
Kyash : 本人確認不要、銀行口座登録不要、レシート不要。しかし出金不可

 

しかしバーチャルなクレジットカードに残高が紐づけられプリペイドカードとしてオンライン決済などに利用する事ができます。

 

とはいえバーチャルなので実際の店舗でのクレカ支払いとして利用することはできないのですが、「Origami Pay(オリガミペイ)」や「楽天Pay(ラクテンペイ)」に紐付けることでOrigami Payや楽天Payに対応している店舗においては決済が出来ます。

 

 

 

 

f:id:monopatch:20170411220423p:plain

楽天PayにKyashのバーチャルカード(VISA)を紐づけた瞬間にpush通知が届きました。Origami Payも同様です。

 

f:id:monopatch:20170411220428p:plain

決済を行うとこちらも即、push通知がきました。

 

 

 

お金を貰ってから消費するまでの流れが全て銀行を通すことなく完結したことに対して、お金の流れが変わってきているなと思います。

 

今後、Kyashは非接触型電子マネー決済にも対応していくとの事でますます利便性が出てきそうです。

 

jp.techcrunch.com